学べば分かる仕手株の仕組み

知らなきゃ損!?仕手株の仕組みや特徴について当サイト管理人の私が説明いたします。詳しく学んで賢く稼ぐ!それが仕手株の極意です。どうぞこれを見て勉強していってください。

仕手株は浮動株が少ない

仕手株は小型株を狙うと言われることが多いです。その理由は操作しやすいからだと考えられており、株初心者の方は、まずこの仕手株について学びましょう。市場で流通する株式数が少なければ、大きな資金を投じたときに変動が大きくなりがちです。そのために小型株が狙われやすいのですから、小型株であると言うことが主な理由ではなくて、市場で流通するか株式数が少ないものであることが主な理由となります。

この際に注意しておかなければならないのが浮動株比率です。小型株というのは時価総額の小さいものを指します。時価総額は株価に発行済み株式数を乗じて計算されるもので、その企業の価値を表すとも言われます。発行された株式がすべて市場で取引されていれば良いのですが、必ずしもそうではありません。一部は非浮動株と言われて、ずっと保有されていることもあります。

たとえば、創業者一族が保有し続けていることはよくあることです。小規模な会社ならこのような傾向があるでしょう。上場したものの創業者一族がある程度の割合を持ち続けていれば、実際に市場で取引される株式数はあ小さくなります。他にも、親会社や関連会社が保有している場合もありますし、買収対策として保ち合いによって保有している場合もあります。

このように、市場に出回らない株があるわけですから、実際に市場にどれくらいで回っているのかを把握しておくことは必要だと言えるでしょう。実際に市場に出回っている株を浮動株と呼びます。その比率は株式情報としてある程度は提供されていますから、仕手株として適したものを選ぶのなら確認しておくべきです。さらに株 ブログなども見て情報収集をしっかりするようにしましょう。その上で、時価総額と浮動株比率の両面から見て浮動株の小さいものが仕手株として選ぶのが良いと考えられるのです。

■このサイトを見て仕手株ツウになろう
仕手株ツウ御用達!!銘柄選びガイド
■ここで優良投資顧問を探したい
オススメ投資顧問会社はこちら